株式投資の未経験者の方が決算書をまず読もうと思って

株式投資の未経験者の方が、決算書をまず読もうと思っても、書いてある情報がまったく理解できないことでしょう。

けれども、何の心配もいりません。株式投資の手法を、短期売買に集中すれば決算書を理解しなくても利益をあげられるからです。
株式投資をする人の多くは買った株をどのタイミングで売り抜けるかという点に迷いに迷うかもしれません。けれども、天井付近で株式を売り抜けるのは本当に困難なので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの意気込みで売り抜けることができたらいいと思います。株を買おうという初心者に是非とも覚えてほしいワードにキャピタルゲイン並びにインカムゲインがあります株で利益を求めるにはこの二個の言葉を覚えておいてください。


キャピタルゲインは株式売買で生まれる差益というものです。
例えば、1万円で購入した株式を2万円で売り抜ければ、1万円の利得がキャピタルゲインになるのです。

株式を売却したことで、利益となった場合の税金は申告分離課税が原則ですが、証券会社にて開設した特定口座での取引の場合はその人の代わりに、その度に20%の税金を源泉徴収してくれます。確定申告の手間がかからない手軽な仕組みですが、損失繰越などをする時には確定申告は必要なのです。
株式投資をやる際には単元の株ではなく、ミニ株式を買う方法もあるのです。


単元株では、購入する金額が高すぎて購入できない株式を手に入れたい時には、ミニ株でちょっとずつ購入する方法によって一度に大きな金額を用意しなくても手に入れたい銘柄を購入できます。
株投資において、所得税の譲渡所得や配当所得などを考えた上で、確定申告をすることになっています。
でも、特定口座を利用していたら、このような税務に関する計算は金融機関が代行してくれますし、確定申告が不要になることも多いです。そんなわけで、株投資者初心者の方に一番お勧めです。

株の始めて間もない人が株式投資を始める狙い目というのは、みんなが株式投資に関心を失くし、株式市場が閑散とした頃です。



こういう時期だと、どの銘柄もありえないくらい価値が低く株価が放置状態なため、優良銘柄を買うなら絶好の時期だと感じるからです。



株の空売りを行っている株式投資初心者は少ないのが現実です。
気持ちはわかりますが、株式投資を長い間、資産運用のひとつとして続けていこうと意識しているのなら、理解しておいたほうがよい技術だと考えます。その理由は、空売りを知るということは購入するほうの気持ちだけでなく、売る側の気持ちも意識するようになるので、行える取引の幅が広がるからです。株式投資をするにあたって、どれだけ値動きが激しいからといっても、ほとんど出来高のない小型株式の売買をすることは、おすすめしたくありません。

その理由は、普段から出来高が多くない株式は投資した株式が売却したい値で売れないからです。失敗しないで株投資をする方法という本や記事をたびたび見かけます。
けれども、絶対失敗しないということなんてないのです。

でも、しっかり勉強して、ルールを考えて投資すれば、成功することもあるのが株というものです。失敗することを恐れたり、一度の失敗で諦めないで学んだ先に、株の楽しみが待っていると思えるのです。近視 田中